いろは丸事件

Posted: 2010年9月30日 カテゴリー: 未分類

坂本龍馬の「いろは丸事件」ゆかりの地は広島県福山市の鞆の浦にある。

大洲藩名義のいろは丸を操作中の海援隊(亀山社中)は紀州藩の明光丸と衝突。

いろは丸は沈没する。海援隊(亀山社中)は万国公法で紀州藩から賠償金をうばう。

その舞台が鞆の浦。この話で鞆の浦の地名を知るがチョット読めない。

「とものうら」と読む。行って見れば崖の上のポニョのモデル地であることが判る。

違う方向でも盛り上がっている。

スライドショーには JavaScript が必要です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中