松代大本営跡

Posted: 2010年10月2日 カテゴリー: 未分類

長野県の松代に松代大本営跡がある。

第二次大戦の終戦間際、東京はやばくなる。

松代に巨大地下豪を作って軍部大本営、皇居、気象庁、

NHKを移動して戦火に備えよう。と言うのがあった。

中はこんな感じ。長いです。

よく掘ってる。ひんやりする。

戦争なので朝鮮人のひとが穴堀の犠牲になった。

千羽鶴や慰霊の看板がある。

これが皇居予定のところ。

皇族はここに住む予定だった。

ここが昭和天皇が移転して住むよていの部屋だ。

マンガみたいな話だが現実みたい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中