富士山五合目から中の茶屋へ 2011

Posted: 2011年5月5日 カテゴリー: 未分類

2011年5月3日
富士山五合目から山道を下山してみることにした。
7:45発新宿から富士山五合目行の高速バスにのる。
片道2600円
通常は10時には到着する。
高速バスは他の行先は満席だが富士山五合目行には余裕があった。
現地まで乗客は10人程度であった。

五合目に行く人は少ないが渋滞はあった。
新宿から6時間(通常は2時間ほど)スバルライン上の五合目駐車場に到着する。

小雪が舞う。
気温は10℃くらいだろう。
雪の富士山もいい。

五合目簡易郵便局を訪ねる。

木のハガキおもしろい。

五合目からハガキを出す。
頂上からは埼玉県へ5日くらいかかった。
どのくらいでつくだろう。オリジナルの消印がいい。今回は富士山の図柄の切手をはってくれた。

富士山五合目簡易郵便局の”消印”はこれ。
5月3日に出した木のハガキは埼玉県に5月7日に到着する。
木のハガキの切手代は120円 木のハガキは630円

ここ五合目から吉田へ下山する。
ある程度の情報を集めていたが雪も降り五合目も思った以上の残雪だ。
しかも渋滞で時刻は15時となっている。

吉田登山口へ向かうが登山安全センター指導員にとめられる。
「下山ですか?バス待ってください。」
ここまで来て下りないわけには行かないと思っていた。
困惑の中、別の女性の指導員が昨年の残雪の状況写真をみせてくれた。
「こんな感じです。大丈夫ですか?装備もしっかりされてるしね。主人も毎日降りてます。気おつけて」
この言葉で勇気をもらい下山へ踏み出す。

登山ルートへ向かう。頂上を目指す方向だ。

5月3日 五合目は雪が残っている。
この時期下山も命がけなのだろうか?わからない。

足元は悪い。
一合目まで4時間はかかるだろう。
どこまで残雪が続のか?不安と恐怖がつのる。

吉田ルートの登り口看板までくる。
上を行くと頂上への道
左下が下山道への道
佐藤小屋を目指す。

5月初頭は歩いて下山も早い時期なのか?
富士スバルラインも今年は震災の影響もあってか開通は4月27日からのようだ。
残雪は続く。

雪道をサクサク歩くこと40分

佐藤小屋がみえてくる。

写真左が佐藤小屋

佐藤小屋に到着する。

佐藤小屋は通年開いている五合目の山小屋だ。

佐藤小屋正面から

登山者

薪小屋

五合目の標 ここが本当の五合目と言われている。

時刻は16:00
ここから下山する。

佐藤小屋下から舗装された道が現れる。
この道を歩く。

途中に馬返に通じる登山道らしき道があったが天候も雨であり時刻も16時を過ぎていたため舗装された林道を進む。
登山道を歩き廃屋の山小屋などみて馬返へ出ることをイメージしていたがこの状況で無理だと判断した。

林道をひたすら歩く

震災の影響か?道路にひび割れた箇所がある。

五合目から約一時間。
四合目の表示杭があった。

5月3日の日の入りは18:30
後にこの舗装道が滝沢林道と判るが下山できるのだろうか?
この滝沢林道はドライブやツーリングで有名な道らしい。
四合目を少し下ったとこが通行止になる。
柵があり車はここまでとなる。
今回はこの柵を抜け歩く。五合目からこの柵までの道を歩いた人はそんなにいないだろう。

17:30
単調な林道を下る途中に神社に遭遇する。
新屋山神社奥宮
「あらや・やまじんじゃ・おくみや」と読む。

新屋神社奥宮は「金運があがる・願いが叶う」ということで知る人ぞ知る有名な神社であった。

このストーンサークルを3回廻る。
一回ずつ富士山の方向に拝礼する。
「金運up・願いが叶う」
ある経営コンサルタント(船井総研 船井幸雄氏)の「お金に困りたくなければこの神社に行け」の話で近年話題となり人気が出たスポットだそうだ。
確かに変なパワーを感じる場所だった。
いわいる”パワースポット”

新屋山神社奥宮の場所が二合目となる。
5月3日が偶然にも滝沢林道の解禁日であった。
因縁を感じる。12月から4月までは封鎖しているそうだ。

ここからが長い。18:30を過ぎ日はくれる。
ナイトハイクとなる。

中の茶屋
中の茶屋に到着
何にも見えない。
怖いです。

中の茶屋

時刻は19時過ぎだ。
五合目から四時間がたつ。

暗い、怖い。

この中の茶屋から馬返に向かい登山するのが一合目から登る定番ルート。

時間も19時を過ぎてただ歩くしかない。

時刻は20時
バインズパーク(芝生公園)を越えて北口本宮富士浅間神社まであと0.2kmの標識のところで今回は歩くのを断念した。

浅間神社付近の”やきとり屋”に入る。
通好みのしゃれた店。
常連客が多い。常連との会話で地元の人も頂上まで行く人はさほどいないようだ。
むしろ富士山には興味ない。まあそうだろう。
「富士山が年々痩せている」この言葉が印象に残った。

散々飲んでやきとり屋から富士吉田駅付近の宿を探すためタクシーを呼んでもらう。
ビジネスホテル ルートイン吉田にて宿をとる。
富士吉田はビジネスホテルが多いらしい。GWの今回、たまたまキャンセル分がとれた。
約7000円(21時過ぎ)

次回記事へ続く
◎富士山レーダードーム館
◎北口本宮浅間神社から富士吉田駅まで

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中