国宝「金印」を見に行こう!

Posted: 2014年11月23日 カテゴリー: 未分類
タグ:, , ,

日本国宝展が2014年10月15日~12月7日の期間に東京上野の東京国立博物館で開催している。
国宝で思い浮かぶのは教科書にも出てくる「金印」

DSCF0531


「金印」も含め土偶や仏像など日本の国宝が展示されている。今回の日本国宝展は予想以上の混雑。
11月23日(日)は120分待ち。

DSCF0503


入場料は一般1600円

DSCF0501


こんなに並んでる。

DSCF0511


「金印」のグッズが販売していた。スタンプになってる。710円

DSCF0542


実物の撮影は出来ないのでグッズでその感じを味わって欲しい。
金印の大きさは一辺2.347㎝全高2.236cm重量108.729g
このグッズがほぼ同じ大きさ。実物を見ると「えっ?小さい。」という感想を誰もが持つようだ。札幌の時計台を見たときの感想に似ている。

DSCF0532


金印は江戸時代1784年博多湾に浮かぶ志賀島で発見された。筑前藩主の黒田家に代々伝わり1954年に国宝に指定された。1978年福岡市に寄贈されて現在は福岡市博物館に常設展示されている。今回11月18日~11月30日の期間、東京国立博物館にやってきている。
「漢委奴国王」と書かれている。気になった方は歴史の教科書を見てみよう。グッズでストラップもあった。1000円

DSCF0555


日本国宝展で「金印」をまじかでみるにはさらに行列となっており20分待ち。

DSCF0560

コメント
  1. marobashi より:

    120分 て凄い人気ですね。3連休としても驚きます。
    金印ストラップいいですね。欲しいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中