「旅行」カテゴリーのアーカイブ

東京諸島は大島・利島・新島・式根島・三宅島・神津島・御蔵島・八丈島・青ヶ島・父島・母島の11島あります。車のナンバーが「品川ナンバー」であるのは島ではあるが、「ああ、東京都なんだな。」と感じさせます。

Q:本州からどうやって行くのか?

A:飛行機・船で行くことになります。

大島・新島・三宅島・神津島へは東京都調布市にある調布飛行場から小型機が1日3~4往復しています。

調布飛行場チエックインカウンターの様子。

DSCF5120.JPG

持ち込める荷物は5kgまで無料。5kg以上は追加料金が必要です。

DSCF5105.JPG

調布飛行場ロビーの様子。

DSCF5108.JPG

管制塔です。右奥に味の素スタジアムが見えます。

DSCF5117.JPG

搭乗手続き後、乗り込むのはこの飛行機です。

DSCF5121.JPG

運賃は調布ー新島間片道14000円前後。

調布ー大島間の所要時間は25分。

調布ー新島間の所要時間は40分

機内の様子です。座席は19席ほど。今回の乗客は4名。

DSCF5127.JPG

DSCF5152.JPG

プロペラが回っています。DSCF5165.JPG

島が見えてきました。

DSCF5174.JPG

着陸です。

DSCF5198.JPG

DSCF5199.JPG

船の旅は高速船で竹芝ー新島片道3時間程です。

大型船ですと竹芝ー新島6時間強の旅になります。

大型船はこちらです。(さるびあ丸)

DSCF5336.JPG

2等席は3種類あります。①特2等 ②2等椅子 ③2等畳

①特2等はこんな感じです。上下2段の寝台タイプです。

料金は8000円強です。

DSCF5339.JPG

「カンカラ三線」です。

「三線」といえば沖縄の「琉球三線」を想像するでしょう。

「カンカラ三線」は同材が空き缶でつくられた三線です。

DSCF7523.JPG

沖縄のおみやげ店で販売されています。本物は高くて手が出ないという方にはお勧めです。

組み立てキットとして5,000円前後で販売しています。(写真は15年ほど前に購入したものでかなり使い込んでいます。)

DSCF7525.JPG

「カンカラ三線」は第二次世界大戦時に地上戦で傷ついた沖縄の人々を癒したと言われています。

アメリカ軍に捕虜収容所に収容された沖縄の人々は収容所でベットの木と、支給された食事の空き缶と、パラシュートの紐などを使い、自ら三線を作りました。

これが「カンカラ三線」です。

三線の音色と歌で心を癒したのでしょう。

DSCF7526.JPG

思った以上にちゃんとした音が出ます。

練習用にも使えます。

沖縄音楽を奏でてみてください。

涙そう~そう♪・・

DSCF7527

 

DSCF1101

DSCF1104

DSCF1094-1

2015年1月1日の東京タワーです。

DSCF0853

2015年正月の東京はとても寒いです。雪も降り始める。

DSCF0859

静かな東京。

DSCF0814

夜の展望台

DSCF0843

あけましておめでとう。

DSCF0857

展望台からみた正月の東京の夜。

DSCF0846

ワンピースと東京タワー

DSCF0874

透け透け床ガラスから地上を覗く。

DSCF0830

2015年元日。

DSCF0865

横川駅の峠の釜めしをじっくり見てみよう。

DSCF0300

漬け物が別についてくる。値段は1000円
現在、ラベルが富岡製糸場世界遺産記念バージョンになっている。
DSCF0302
あけてみましょう。
蓋に「横川駅 おぎのや」とある。
DSCF0303
あんずと栗と鶉の玉子が入ってる。
釜は益子焼き
DSCF0308

漬物のケースを開けてみよう。

DSCF0301

 

販売元はおぎのや。

他に何が入ってる?椎茸、タケノコ、鶏肉、生姜、ごぼう、グリンピース、こんな感じか。
DSCF0306

 

 

横川駅

DSCF0296

 

峠の釜めしは軽井沢駅でも販売している。

軽井沢駅は駅そば発祥の地である。

そば屋もおぎのや。そばの茹で時間に3分ほどかかる。

DSCF0297

軽井沢は江戸時代は宿場町だった。明治に入り宿場は廃れる。外国人などが別荘を建てた。そして避暑地として認識されていく。

軽井沢は都心から意外と近い。現在、新幹線で上野ー軽井沢間は1時間ほどである。

DSCF0305

 

DSCF0309

 

2014年5月31日国立競技場最後のイベントが行われた。
16時から行われたイベントは21時に終了。21時から最後のピッチ開放が行われた。
サッカーのピッチは約2000坪、何人が納まるのか。
DSCF1197
ピッチの芝生は天然だった。芝生のにおいがいい。
DSCF1226
ピッチに寝転び芝を堪能する人たち。
DSCF1255
陸上競技のレーンはこの写真がとりたくなる。
DSCF1231
100mレーンゴール地点。
DSCF1268

100mレーンを歩く
DSCF1270

聖火前で記念撮影
DSCF1214

クラウチングスタートの写真をみんなが撮る。
DSCF1205
実際はリレーゾーンでクラウチングスタートはしない。
DSCF1220

ゴン中山の国立最後のキック。
DSCF1210
リレーゾーン4x100m
DSCF1273

以上、最後の国立競技場からでした。
DSCF1257

西武池袋線ひばりヶ丘駅を下車。ひばりが丘団地はそこから徒歩20分ほどのところにあった。
昭和34年日本住宅公団最大のマンモス団地の走りであり注目された。
昭和35年には皇太子・皇太子妃が視察された。(現在の天皇陛下と皇后)
DSCF0742

2013年7月、立替が完了して当時のひばりが丘団地の面影はなくなった。ひばりが丘パークヒルズに生まれかわっている。
DSCF0721

すっかり変わってしまった旧ひばりが丘団地であるが1棟だけ当時の面影残す為、保存されている建物があった。
スターハウス53号棟だ。いわいる星形住宅。

DSCF0751

スターハウスはひばりが丘団地に4棟あった。このスターハウスは団地マ二アにはたまらないらしい。
DSCF0722

Yの字になっている。1フロアーに3室。中央にらせん階段。
DSCF0736

現在、1階はひばりが丘パークヒルズ管理センターになっている。
住人はいない。
DSCF0735

「53」の数字はマンモス団地の雄姿を思い出させる。
DSCF0750

当時のしのぶものとして、もうひとつ保存されているのが、皇太子・皇太子妃(現在の天皇陛下と皇后)が視察した部屋のベランダだ。
スターハウス53号棟の前に切り取られ、保存されている。
DSCF0729
これだ。
DSCF0741

DSCF0728

近くでみた。
DSCF0725

裏からみた。
DSCF0734

もっと近くで。
DSCF0747

この角度からも。
DSCF0745

昭和34年のひばりが丘団地
DSCF0746

当時の面影は他にないのか?
ひばりが丘団地交番は変わらない。
DSCF0719

こんなポストが残っている。
DSCF0754

団地商店街も昔の面影がある。
DSCF0758

この東久留米のゴミ入れコンテナも変わっていない。
回収のときはクレーンで吊って底を空けてゴミを運搬車にのせる。
DSCF0755

20数年前にひばりが丘団地のニーズを当て込んで出来たピザ屋も健在だった。
エレベータ―のない団地の配達は苦労する。

DSCF0716

ひばりが丘には自由学園がある。自由学園の卒業生であるJUN SKY WALKERSがひばりが丘の歌を歌っている。
「レッゴーヒバリヒルズ」がその歌だ。なんとなく近い名前のひばりが丘パークヒルズ。
歌詞にでてくるひばりヶ丘の名所も様変わりした。やるき茶やはあるのか?ブックスJは閉店したらしい。今、新しく歌詞をつくるならパルコやラーメン二郎が入るのか?
(写真、現在のひばりヶ丘駅南口)
DSCF0712

2回建てのテラスハウスと4階建ての中層フラット棟の構成だったが現在は10~12階建てとなっている。
DSCF0737

すっきりしてしまった。マンモス団地の不陰気はない。
DSCF0756

テラスハウスを思い出す近隣の住宅。
DSCF0740

だらだらとひばりが丘団地を懐かしみレポートしてみた。
DSCF0739

ああ、ひばりが丘。

DSCF0762

追記

ひばりが丘団地では無くなってしまった、テラスハウスタイプは千葉県市川市の国府台団地にその姿を2015年の今も見られえるようです。

国府台団地 テラスハウスタイプ
DSCF2397

DSCF2400

DSCF2399